生活習慣病(糖尿病・高血圧など)


生活習慣病(メタボリック症候群)とは、生活習慣が発症に深く関与していると考えられる疾患の総称です。主な生活習慣病としては糖尿病・脳卒中・心臓病・高脂血症・高血圧・肥満・高尿酸血症・脂質異常症などがあります。これらは初期の自覚症状が乏しく早期の診断と治療が必要です。
高齢の方では、脳梗塞の発症が多くなっています。動脈硬化が原因としてあげられますが、「最近つまずきやすくなった」、「物が飲み込みにくくなった」などの症状がある場合は、ぜひ受診をお勧めします。
また、なかでも糖尿病は近年増加傾向にあり、重篤な合併症を引き起こすリスクも高いため、早期発見が非常に重要といわれています。

きむら内科医院では「糖尿病」に対して、血管年齢の測定などの詳細な検査と経口糖尿病薬による治療やインスリン治療などが可能です。
また、患者さんの食事、運動、睡眠など生活習慣に関する丁寧なヒアリングをおこない、より具体的な生活改善のアドバイスをいたします。糖尿病予備軍といわれてしまった方・インスリン治療中の方・現状に満足されていない方も、お気軽にご相談ください。

生活改善は、「続けること」が大切です。そのために「続けられる改善プログラム」を!

糖尿病だけでなく、多くの生活習慣病改善や治療、予防に向けて、
きむら内科医院では、“動脈硬化・糖尿病合併症リスク判定や運動・栄養プログラム”など、先進の「遺伝子検査」もおこなっています。どのような素因を持っているのかを検査し、その人だけに向けた生活習慣改善や治療、より体質に合った食事・運動方法など、効果的な改善プログラムのご提案が可能です。もちろん、将来の病気予防にも効果があります。

医師である私自身も、父が晩年「糖尿病」を患っておりましたので、「遺伝子検査」の予防プログラムを生活に取り入れています。