認知症・物忘れ外来


きむら内科医院は厚生労働省認定の「認知症サポート医」です。
認知症・物忘れ外来は保険適用です。
お気軽にご相談ください。

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。
認知症は進行すると著しくQOL(生活の質)低下を招きます。ゆえに生活習慣病をはじめ、
多くの病気に罹患するリスクやその治療にも影響するばかりか、徘徊、交通事故など、
社会的な問題や経済的な問題にもなっています。

きむら内科医院の「認知症・物忘れ外来」は、
認知症の方の生活環境を整えることを第一に考え、診療にあたっています。

安心して日常生活ができるように、常に患者さんやご家族の「こころの声」にも耳を傾け、正しい医療知識の指導や、介護保険などの社会的支援も導入しています。特に、一人暮らしの認知症の方は社会的支援が必要不可欠です。ケアマネージャーや看護師と連絡、連携の強化にも努めています。 厳格な診断の上、認知症診療ガイドライン、エビデンスのある治療を基本に、患者さんの気持ちに寄り添える治療を心掛けております。きむら内科医院の「認知症・物忘れ外来」はプライバシーを考慮した完全予約制です。

<老年病専門医による併発症、投薬の管理>
認知症の方には高血圧や糖尿病などの生活習慣病、内科的疾患の併発が多く見られます。
きむら内科医院では「老年病専門医」の経験を活かして、併発症治療とのバランスを考慮した総合的な治療もおこなっております。 また、当院は院内処方ですので、総合的な治療に向けた処方や投薬を医師が直接管理することが可能になり、複数の薬剤による副作用のリスク軽減につながります。
そして、院内処方は処方箋料がかかりませんので、薬代の減額にもつながります。

<認知症サポート医>
きむら内科医院は地域の認知症医療を代表する「認知症サポート医」です。
遠方の方や既にかかりつけ医をお持ちの患者様には、お近くのかかりつけ医と連携して新しい治療を進めるお手伝いなど、様々なカタチで認知症医療をサポートしています。

<最新医療情報のアップデート>
認知症とは症状の一つであり、病名ではありません。認知症の中にはアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症など、いろいろな種類があります。現在、認知症の根本的な治療法はありませんが、進行を抑える治療法も出てきています。正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、甲状腺機能低下症など、治療効果が期待できる認知症もあります。 きむら内科医院では、日々更新される最新の医療知識や技術にも積極的に対応しています。

<検査について>
当院の「認知症・物忘れ外来」では、大学病院などと同じヘリカルCTを使用した検査を行っています。全検査時間はわずか30分程度。診断結果も当日随時(血液検査は除く)です。
1、問診 (本人、ご家族など)
2、内科診察 (聴診、血圧測定など)
3、神経心理検査 (質問形式で認知機能評価)
4、血液検査 (貧血、肝機能、腎機能、血糖、甲状腺機能、ビタミン検査など)
5、頭部CT検査 (脳萎縮、梗塞、出血の有無の確認など)

さらに、精密検査が必要な場合は提携専門病院にて頭部MRIや脳出血SPECTなどの
追加検査をおこないます。

■その他に、少量採血だけで認知症(アルツハイマー)の超早期発見やリスク判定が可能な
最先端「マイクロRNA遺伝子検査(ミアテスト)」
もおこなっております。

■高齢者(75歳以上)運転免許証更新時などに必要な「臨時適性検査」や
「診断書作成」もおこなっております。

<予防と早期発見>
もちろん、予防や早期発見、早期対応の大切さは言うまでもありません。 そのためには、本人だけでなく、ご家族や周囲の方の気づきも非常に重要です。 私自身も、かかりつけ医として長いお付き合いの患者様の認知症を見つけることが増えています。きむら内科医院では「超早期発見遺伝子検査」の他に、気軽にテストできる無料診断「物忘れ相談プログラム」や、「参加無料セミナー」も積極的におこなっております。
毎年「人間ドック」と同時に「認知症検査」を受ける方も増えてきています。
少しでも早く「予防できること」「治療できること」を一緒に考えていきましょう。

   
「認知症・物忘れ外来」は火曜日 15時~18時、予約制です。
予約電話番号 078-792-3497 (平日9時~20時まで)
ウェブ予約 ご予約はこちら(24時間受付け)


では、試してみましょう!
1分間に動物の名前を、思いつくだけ言ってください。